オーストラリアに一週間滞在してみて感じたこと①

皆さん、こんばんは

くあせです。

オーストラリア、ブリスベンにきて1週間立ったのでちょっとしたオーストラリアでの感想を書いてみようと思います。

オーストラリアといえば!

グレートバリアリーフ、グランドキャニオン、オペラハウス、など名所は多々ありますが今回はどこにも行けてません、なぜなら今回訪れたのはブリスベンだから!!

 

ブリスベンってどこ?

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/0/02/Brisbane_May_2013.jpg/2560px-Brisbane_May_2013.jpg

ブリスベン: Brisbane)は、オーストラリア連邦クイーンズランド州南東部(サウス・イースト・クイーンズランド地域)に位置する州都

シドニーメルボルンに次ぐオーストラリア第三の都市であり、オセアニア有数の世界都市

 ー引用ー
ブリスベン」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』より。
"最終更新 2017年4月25日 (火) 07:07" UTC
URL: ブリスベン - Wikipedia

 

シドニーメルボルンほど派手さはないかもしれませんが、写真の通りとってもおしゃれな街になっています。

町の中央をぐねぐねとかわが一本流れているのが特徴的で、今回訪れたのはサウスブリスベンのあたりでブリスベンの中でもかなり栄えている地域だと思います。

マップを見てサウスブリスベンの先端から川を越えたあたりが”シティ”と呼ばれるビジネス街で、市役所、裁判所などが固まっています(その割にはカジノはこっち側にある)

そして、サウスブリスベンのほうには博物館や美術館、観覧車といった観光用の地域となっています。

 

 

 

 実際に過ごしてみて

海外に来たらふつうはまず気候の違いや、街並みから「海外にきたぞ」と思うのですが、今回はすぐに慣れてしまいました。前回タイに行ったときは、日本に帰るまで全く向こうの生活になれなかったのですが、今回はなぜでしょう?

意外と馴染む街並み

実はオーストラリアには、日本と似ているところがいくつもありました。そのおかげかすぐになじむことができたのです。

少しあげてみますと

  • 車が左側を走る
  • 電車やバスを乗るときにsuicaのようなカード( go card)を使う
  • セブンイレブンや、アジア系料理が割とある
  • 高層ビルが程よく立ち並んでいて日本とよく似たような感覚

などなど

それから時差が一時間というのも大きいですね、カナダに行ったときは時差ぼけで一週間ほど体調が悪かった記憶があります。。。

日本でいうなら横浜

現地に着く前から言われていたのですが、実は横浜に似ている気が確かにします。

  • 水辺が近い
  • 観覧車がある
  • 適度に高層ビルがある

など、もちろん町のつくりや、建物の形は大きく違うのですが(往々にしてブリスベンのほうが全体的に近代的な様相である気がします)なぜか上記のことからも横浜を連想されました。

 

今日はあんまり時間を取れなかったので、明日は、今回の続きから書こうと思います。

次回は今回と反対に日本とは違うところをご紹介します。

 

1000文字って結構大変ですけど楽しいかも。。。

好きな文章をこんなに長く書いたのは久々です。

(ただし文章を確認する体力はないので文章の見直しはしない)

この調子でとりあえず三日坊主をクリアしよう。

それでは、みなさん、よい夜を